脱毛

【メンズ医療脱毛】カウンセリングを体験比較して分かったクリニックの選び方

ヒゲと胸毛(乳毛含む)と腹毛が生理的に受け付けず、毎日剃っているこじねこです。
このムダ毛の処理にいったいどれだけの時間を費やしてきたのか計算してみました。

5分(1日あたりの処理時間)× 365日 × 20年 = 36,500分 ≒ 25.3日

‥。マジで勿体無い。長期バカンスが余裕でできてしまう程の時間です。残りの人生はおそらく20年以上ある。同じ過ちを繰り返すのかと思い、永久脱毛することにしました♪とはいえ、脱毛のことは全然知らないので、いくつかのクリニックで無料カウンセリングを受けて情報収集し、クリニックの選び方が分かったので、共有したいと思います。

無料カウンセリングを受けるクリニックは、「医療脱毛 メンズ」のキーワードでググって、1ページ目に表示されるクリニックから、良く耳にする5クリニック(SBC湘南美容クリニック、アイエスクリニック、メンズサポートクリニック、ゴリラクリニック、メンズリゼクリニック)を選定して決めました。

まずは、この5クリニックの無料カウンセリングでカウンセラーから聞いた情報をありのまま共有します。クリニックによって言っていることが結構異なるので、その辺りを注意してもらえると面白いです。その後で、選び方を共有します。クリニックは無数にあって選ぶのが大変そうですが、実は意外とシンプルに選んで良いんだなと今は感じています。是非、クリニック選びの参考にしてください。

<こじねこのヒゲ画像>

SBC湘南美容クリニック(秋葉原店) ※2018年9月調べ

クリニック内の様子

・待合室は広く患者は20〜30人程度
男性の割合が4割くらい。VIO脱毛ができる店舗が少ないので、可能な秋葉原店は男性が多いとのこと

使用している脱毛機器

ウルトラ美白脱毛、メディオスター、アレキサンドライトの3種類
・SBC湘南美容クリニック(以下SBC)では、先述の3種類を扱っているが、店舗によって置いてある種類数が異なる
・ウルトラ美白脱毛はSBCが2年程前に独自開発したもので、実績も順調に上げている
・SBCとしては、ウルトラ美白脱毛、メディオスター、アレキサンドライトの順でオススメ
・ウルトラ美白脱毛はヒゲ・体共に使用可能、メディオスターはヒゲのみ使用可能、アレキサンドライトはヒゲ・体共に使用可能
・色黒の人はウルトラ美白脱毛が使えない(メディオスターとなる)
脱毛効果については、機種間に差はない
・施術時間については、機種間で部位によっては差が出る
・痛み面では、アレキは痛い。他は大丈夫。

こじねこのヒゲを永久脱毛するために必要な施術回数

・20回弱

施術内容

・ウルトラ美白脱毛の場合、ヒゲは30分程度、全身は2時間程度(一度の施術で全部位やる必要はない)

料金プラン

・公式サイト参照<SBCの公式サイト
・ヒゲと胸・腹をやるなら、全身の料金とあまり変わらないので、全身がオススメ
・全身に抵抗があるなら、まずはヒゲをやって、その後やりたければ全身をやれば良い(ヒゲは6回で終わらないので)
・キャンペーンは季節の変わり目に毎回行なっているので、無理にタイミングを合わせる必要はない

予約の取りやすさ

・メディオスターは土日に取りにくい
・ウルトラ美白脱毛は、台数があるので取りやすい。(ウルトラ4台、メディオ1台)
・予約の手段は電話 or ウェブ
・予約可能な時間枠は10:00〜18:45

他社と比較した際の強み

他社より安い。安い理由には、ウルトラ美白脱毛を自社開発していること(レンタル費が発生しない)、患者数が多いことなど
どこのクリニックも同じ機種を使っているので、安いから悪いということはない

アイエスクリニック(新宿店) ※2018年9月調べ

クリニック内の様子

・店舗内装飾は高級感がある
待合室は狭く患者は多くて同時2〜3名程度(人に会いたくない人にはオススメ)
・女性比率の方が高い

使用している脱毛機器

メディオスター、アレキサンドライト、ヤグレーザーの3種類
脱毛効果は、アレキサンドライト、メディオスター、ヤグレーザーの順
痛みは、メディオスター、アレキサンドライト、ヤグレーザーの順
・パラメータ(ヘルツ、ジュール、ヘッド、口径)が変えられるので、同じ機器でも、クリニックによって効果が違う
メディオスターは数年前に使われ始め、完全に脱毛できた症例がまだあまりない
メディオスターを利用したアイエスクリニックの患者の中には、少しまばらに毛が残るケースがある
アレキサンドライトは歴史が古く、完全に脱毛できた症例が多数ある

こじねこのヒゲを永久脱毛するために必要な施術回数

・20回弱

施術内容

・医師が脱毛機器のパラメタを設定するので、患者の肌の状態を踏まえた上でパワーを強めに設定
・パラメータのミニマムは6ヘルツ、6ジュール

料金プラン

・公式サイト参照<アイエスクリニックの公式サイト
・オールプランは、複数の脱毛機器を併用できるプランのこと
痛みを抑えたい場合は、オールプランにして、メディオスターで毛の量を減らし、減ってきたらアレキサンドライトにすると良い
・顔全体2.5年フリー+ボディ表3回がオススメ。ボディは6回もやれば十分
ヒゲ脱毛コースだと、ほお部分が含まれないため、顎からもみあげにかけた範囲が対象外になる。なので、顔全体コースの方がオススメ
・ヒゲは毛根が強いが、体毛は毛根が弱いので、6回もやれば十分

予約の取りやすさ

・取りやすい
・予約の治療枠はミニマム30分
・電話予約のみ(Web予約なし)

他社と比較した際の強み

フリーパス(一定期間内なら回数制限無しで施術可能)は他社ではあまり見ないので強み
・予約が取りやすい
ヤグレーザーがあるので、日焼けをした人でも脱毛可能
・医師が機器のパラメーターを調整するので、パワーを強めにでき、脱毛効果が大きい。他社では、看護師が設定することも多く、その場合、責任が取れないので、規定の強さ以上に上げない

メンズサポートクリニック(新宿店) ※2018年9月調べ

クリニック内の様子

・いきなりカンセリング室に案内されたので、待合室の広さ分からず。他の患者には会いませんでした。

使用している脱毛機器

アレキサンドライトのみ
脱毛業界では、ライトシェア、アレキサンドライトがスタンダードで、メディオスターは効果が弱い

こじねこのヒゲを永久脱毛するために必要な施術回数

・10〜15回

施術内容

・施術時間は、ヒゲ15分、胸腹30分
・脱毛機器の強度は、ヒゲの時は8ジュール、体の時は10ジュール
・脱毛機器の設定は看護師が行う
・麻酔はクリームタイプかシールタイプ

料金プラン

・公式サイト参照<メンズサポートクリニックの公式サイト
1年間無制限コースは平日予約、1万円プラスで全日となる
・体毛脱毛の場合、5回以上は必要

予約の取りやすさ

・平日の夜と土曜は埋まりやすい。それ以外は取りやすい
・予約可能な時間帯は10:30〜18:30

他社と比較した際の強み

・安い
・施術の後、冷やすので肌が痛まない
・診察、薬処方が無料
脱毛が完了した際、余った回数を他の部位に切り替え可能
・予約が取りやすい

ゴリラクリニック(新宿店) ※2018年9月調べ

クリニック内の様子

・受付の女性がとにかく美人or可愛い!これは確実に狙って揃えてる!ズルイぞ!ゴリラ!!

使用している脱毛機器

・新宿店はメディオスター、ヤグレーザーの2種類
・置いてある脱毛機器は店舗によって違う。例えば、ライトシェア等ある店舗もある(銀座は機械の種類が多い)
・脱毛効果について、機器の種類間の差は無い
・痛いのが苦手な人はメディオスターがオススメ
・麻酔は笑気ガスがオススメ(ガスを吸引すると、少し酔っ払ったような状態になる)
・メディオスターで効果が出ない場合はヤグレーザーを使う。(毛が濃い部分はメディオスターでは歯が立たない)

こじねこのヒゲを永久脱毛するために必要な施術回数

・15回前後

施術内容

・脱毛機器のパラメータの設定は看護師がやる
・脱毛機器の強さは、メディオスターは60度、メディオスター以外の従来機は250度で強め

料金プラン

・公式サイト参照<ゴリラクリニックの公式サイト
・ヒゲ脱毛には、平均15回前後は必要
・ヒゲ脱毛の施術頻度は2.3ヶ月に一回のペース
・ヒゲの完了コースは回数換算で18回くらい
・体毛脱毛には、5〜10回くらい必要
・体毛は回数がそんなに必要ではないので、完了コースはない

予約の取りやすさ

・予約は電話か受付でとる(ネット無し)
・直前での予約は取りにくく、10日前くらいには取ることが望ましい

他社と比較した際の強み

・男性専用のクリニックであること
・男性専用なので、脱毛機器のパワーが強く設定してある
・患者の効き具合に合わせて麻酔の量を調整可能
・完了コースがあること
・男性看護師がいるのでエチケット部位も安心
・機械の選択が可能

メンズリゼクリニック(新宿店) ※2018年9月調べ

クリニック内の様子

・待合室は3〜4名程度が入れるくらいの広さ
・他の患者と会う
・受付が無愛想
・男しかいない

使用している脱毛機器

・メディオスター、ヤグレーザー、ライトシェアの3種類
・ヒゲには主にヤグレーザーを使う
・体には主にメディオスターを使う
・痛みを弱めたい場合はライトシェアを使う
・患者による機器の指定はできない(空いている機器を割り当てる)
・脱毛効果はヤグレーザーが強く、メディオスターとライトシェアについてはそれほど差はない

こじねこのヒゲを永久脱毛するために必要な施術回数

・10-15回

施術内容

・麻酔はクリームと笑気麻酔
・脱毛機器のパラメタは看護師が設定する

料金プラン

・公式サイト参照<メンズリゼクリニックの公式サイト
・体毛の脱毛にはおよそ5〜10回を要する
・ヒゲの脱毛にはおよそ5〜15回を要する
・毛を剃る料金は取ってない
・ただし、予約時間の延長は不可なので、毛を剃る時間が多いと施術はタイムオーバーになるので注意
・他のクリニックで脱毛経験があり場合、乗り換え割引として10%オフ(部位は異なってもOK)
・施術時の診察料は無料

予約の取りやすさ

・予約は1ヶ月前から解放するが、新宿店はすぐに埋まってしまい、取りにくい
・予約の手段は店舗窓口、メール、電話
・予約が取れない場合は、他店舗(渋谷店等)で受けるなどの対応が必要(どの店舗を予約してもOK)
・ヒゲと体は分けて予約する必要がある(一度に両部を予約できない)
・また予約は同時に複数できない

他社と比較した際の強み

・保証がついてること
・剃毛料金が無料
・比較的安い

クリニックの選び方

結論からいうと、『使っている脱毛機器』と『費用』で選んで良いです。

使っている脱毛機器

カウンセリングの情報で分かった通り、基本的にどこのクリニックも使用している脱毛機器は同じです。なので、同じ脱毛機器ならクリニック間で脱毛効果に差異はありません。では、どの脱毛機器が良いかというと、こじねこはアレキサンドライトとメディオスターだと感じています。その心としては、アレキサンドライトは実績が豊富で手堅い機器だが痛みが強い、メディオスターは割と最近の機器で実績はまだ少ないが痛みが弱い、なので、序盤はメディオスターで痛みを抑えて毛の量を減らし、次にアレキサンドライトで脱毛効果を加速させるという使い方がいいと思います。

費用

正確には、『脱毛したい部位(範囲)に対する脱毛一回当たりの費用』×『脱毛回数』です。

ヒゲ一つとっても、クリニックによって、『部位の名称』と『その部位がカバーする範囲』は異なります。つまり、同じ『鼻下』という部位名でも、カバーしている範囲が異なるのです。この範囲は、かなり厳密に守られるので注意が必要です。例えば、部位名『あご』の費用を払って脱毛をしてもらったが、後1cm下の毛も脱毛して欲しいとリクエストしても、そこは『首』なので追加費用が必要ですとなります。従って、必ずクリニックに行って、脱毛したい範囲を伝え、そこはどこの部位に当たるのかを明確にし、費用を算出する必要があります。これを算出した上で、必要な脱毛回数を積算して、クリニック間で比較することがおすすめです。

■こじねこの脱毛体験談はこちら
【アイエスクリニック】アラフォー男のヒゲ脱毛体験談【メディオスター1回目】
【アイエスクリニック】アラフォー男のヒゲ脱毛体験談【アレキサンドライト1回目】
■こじねこが通っているアイエスクリニックの無料カウンセリングはこちら(リンクを開いて右上のボタンからカウンセリング可能です)
アイエスクリニックの公式サイト

関連記事

  1. 脱毛

    ヒゲ剃り負けしないための対策方法とヒゲ剃り負けによるニキビや肌荒れの治し方

    ヒゲ剃りすると肌荒れしてしまう男性の皆さんは毎朝ヒゲ剃りをしている…

  2. 脱毛

    男性のわき毛の悩みを解消するクリームのメリットは?レーザーなら回数を重ねれば永久脱毛も可能

    ムダ毛の処理は、女性だけでなく男性の間でもエチケットとして常識となりつ…

  3. 脱毛

    アイエスクリニック新宿のメンズヒゲ脱毛の口コミは?機械や分割についても解説!

    こじねこも通っているアイエスクリニックについて情報を整理します。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 脱毛物語

    【アイエスクリニック新宿】アラフォー男のヒゲ脱毛体験談【アレキサンドライト1回目…
  2. ボディメイク物語

    【16回目】パーソナルトレーニングジム”FORZA(フォルツァ)”のトレーニング…
  3. ボディメイク

    パーソナルトレーニングジム契約終了後にコスパ良くボディメイクを継続する方法
  4. 脱毛物語

    メディオスターを3回受けた後にアレキサンドライトを受けた感想
  5. 出会い物語

    【体験談】婚活/出会いアプリ『バチェラー』の口コミ/評判は?女性のレベルは?徹底…
PAGE TOP